珊瑚のつや落ちについて

2017年10月5日更新しました。

 

珊瑚の艶落ちについてです。

珊瑚の艶落ちの原因はほとんどの場合、汗によるものです。

珊瑚の主成分は炭酸カルシウムです。

炭酸カルシウムは酸に弱く、汗の中の酸で珊瑚の艶が落ちます。 酸の強い方は、珊瑚が白く粉を噴いたようになることもあります。色が抜けたのでは?と勘違いするようなこともあります。 下の画像はそのようになってしまった珊瑚のネックレスです。

 

こちらのネックレスはお預かりして艶出しをし、きれいに艶が戻りました。

ネックレスの糸をはずし、希釈した塩酸でゆっくりと珊瑚の表面をとかして艶を出していきます。(興味本位でやると珊瑚が溶けて凸凹になってしまったり、逆に珊瑚の艶が落ちて、真っ白になり、取り返しのつかないことになるのでやめましょう。)

こちらのネックレスはその後バフモーターにバフ粉を付け、磨き、仕上げました。

下の画像は艶の落ちた珊瑚のペンダントです。

img_2144

バチカンをはずし、珊瑚に軽くヤスリを充て小傷を取り、荒磨き用のバフでヤスリの傷を取り、更に仕上げ用バフで下のように艶が戻りました。(バフモーター使用)

img_2149

 

軽度の艶落ちであれば「ポリマール」という銀磨きクロスで艶が戻ります。(研磨剤の効果)

ブルー(ソフト)と黄色(ハード)がありますが、黄色の方が良いです。

IMG_2066

当店も扱ってますが、アマゾン等でも購入できます。

※ コーティングされた珊瑚に使用するとコーティングが取れてしまったり、マット(艶消し)仕上げの金属に使用すると艶が出てしまうので注意してください。 また、染珊瑚の色が落ちることもあります。

艶落ちがひどい場合、ポリマールだけでは艶は戻りませんので、磨き、艶出しご希望の方はご相談ください。(業者様、一般のお客様もOKです。) 

ネックレスと金具の付いてないルースの磨きのみお預かりします。金具の付いた商品は基本できません。(金具を外さないと作業できません。)又、拝見物などの原木の磨きは当社では出来ません。  

お預かりの流れは…

店頭に持ち込めるお客様は店頭へ持ち込んでください。

持ち込めないお客様はラインかメールで画像を送ってください。お見積りを致します。

承諾書をダウンロードして、ご署名をいただきお品物と一緒に上半分をお送りください。

承諾書の内容は:

○磨き(つや出し)・加工について

 

□お預かりのお品物が、割れる、欠ける等の可能性がありますが、もしもの場合の補償は一切  いたしません。

□つや出しは薬品で薄く表面を溶かすのでサイズがわずかに小さくなる可能性があります。又、穴の部分がわずかに広がる可能性があります。

□薬品でつや出しをしますので、稀にワックスやオイル等の処理が施されているお品物はワックスやオイルが取れて、隠れていた傷や穴が表面に出てくる可能性があります。 又、染色されたお品物は色が抜ける可能性があります。

 

以上のことを了承します。

というものです。

お預かりから一週間程度で仕上がり、お送りいたします。

お振込み(先払い)、又は代金引換でお支払ください。

 

承諾書のダウンロードはこちらから。Download

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cathaycoral