赤珊瑚(国産)と胡渡珊瑚(地中海産)の違い

アカサンゴとコワタリサンゴは同じ宝石珊瑚で赤色のため一目では見分けがつきにくい場合があります。

石合わせにみえたお客さまも、お持ちのサンゴがアカサンゴかコワタリサンゴかがご存知で無い場合もあります。

その時、良く聞かれるのはアカサンゴとコワタリサンゴの見分け方です。

宝石業を長年されてるお客様でもサンゴを扱うのはたまにしかない、というお客さまもいらっしゃるので当然の疑問です。

 

上から

アカサンゴとコワタリサンゴどちらも濃い赤で上部からでは違いはわかりません。右の少し大きめのがアカサンゴです。

サンゴに携わる仕事をしている者なら、ほとんどのサンゴを質感(透明感)等で判断することは出来ますが、一般の方でも判りやすいアカサンゴとコワタリサンゴの違いは、白フが有るか無いかです。

裏側

右のアカサンゴには中心に白いフがあるので国産のアカサンゴだと判ります。左のコワタリサンゴには白いフはありません。(写真のサンゴはアカサンゴもコワタリサンゴとも最上級の濃い色です。特にコワタリサンゴは朱色が多いです。)

それだけで大概の区別はつきますが、なかにはアカサンゴでも全く白フが無い物もありますし(片フと言って枝の中心ではなく片側に白フがある原木があり、丸玉に最適でより高額)、リングやペンダント等の製品になっていると金具部分で白フが隠れ確認できない場合があります。

実際、鑑別機関でもアカサンゴとコワタリサンゴの判別は難しいようで、宝石名は天然サンゴとなる場合がほとんどです。

鑑別機関でもアカサンゴとコワタリサンゴの判断が難しいのなら、やはり長年の経験で判断するしかないのでしょうか・・・・。

FullSizeRender (2)

アカサンゴのアップです。透明感があり陶器のようです。

FullSizeRender (1)

コワタリサンゴのアップです。よく見るとコワタリサンゴにはうっすらですが、いくつもの筋が見えます。写真のサンゴなら中心よりやや上に白っぽく何本か縦筋が見えます。またアカサンゴとは違いこっくりとした質感や独特な色ムラがあるなど判断基準はいくつかあります。

もちろん、これだけでは我々サンゴ業者でも見分けるのは困難な物もありますが、もしお持ちのサンゴがアカサンゴかコワタリサンゴか判らない時は参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年9月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cathaycoral