ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

赤珊瑚(国産)と胡渡珊瑚(地中海産)の違い

アカサンゴとコワタリサンゴは同じ宝石珊瑚で赤色のため一目では見分けがつきにくい場合があります。

石合わせにみえたお客さまも、お持ちのサンゴがアカサンゴかコワタリサンゴかがご存知で無い場合もあります。

その時、良く聞かれるのはアカサンゴとコワタリサンゴの見分け方です。

宝石業を長年されてるお客様でもサンゴを扱うのはたまにしかない、というお客さまもいらっしゃるので当然の疑問です。

 

上から

アカサンゴとコワタリサンゴどちらも濃い赤で上部からでは違いはわかりません。右の少し大きめのがアカサンゴです。

サンゴに携わる仕事をしている者なら、ほとんどのサンゴを質感(透明感)等で判断することは出来ますが、一般の方でも判りやすいアカサンゴとコワタリサンゴの違いは、白フが有るか無いかです。

裏側

右のアカサンゴには中心に白いフがあるので国産のアカサンゴだと判ります。左のコワタリサンゴには白いフはありません。(写真のサンゴはアカサンゴもコワタリサンゴとも最上級の濃い色です。特にコワタリサンゴは朱色が多いです。)

それだけで大概の区別はつきますが、なかにはアカサンゴでも全く白フが無い物もありますし(片フと言って枝の中心ではなく片側に白フがある原木があり、丸玉に最適でより高額)、リングやペンダント等の製品になっていると金具部分で白フが隠れ確認できない場合があります。

実際、鑑別機関でもアカサンゴとコワタリサンゴの判別は難しいようで、宝石名は天然サンゴとなる場合がほとんどです。

鑑別機関でもアカサンゴとコワタリサンゴの判断が難しいのなら、やはり長年の経験で判断するしかないのでしょうか・・・・。

FullSizeRender (2)

アカサンゴのアップです。透明感があり陶器のようです。

FullSizeRender (1)

コワタリサンゴのアップです。よく見るとコワタリサンゴにはうっすらですが、いくつもの筋が見えます。写真のサンゴなら中心よりやや上に白っぽく何本か縦筋が見えます。またアカサンゴとは違いこっくりとした質感や独特な色ムラがあるなど判断基準はいくつかあります。

もちろん、これだけでは我々サンゴ業者でも見分けるのは困難な物もありますが、もしお持ちのサンゴがアカサンゴかコワタリサンゴか判らない時は参考にしてください。

2016年9月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cathaycoral

珊瑚のつや落ちについて

2017年10月5日更新しました。

 

珊瑚の艶落ちについてです。

珊瑚の艶落ちの原因はほとんどの場合、汗によるものです。

珊瑚の主成分は炭酸カルシウムです。

炭酸カルシウムは酸に弱く、汗の中の酸で珊瑚の艶が落ちます。 酸の強い方は、珊瑚が白く粉を噴いたようになることもあります。色が抜けたのでは?と勘違いするようなこともあります。 下の画像はそのようになってしまった珊瑚のネックレスです。

 

こちらのネックレスはお預かりして艶出しをし、きれいに艶が戻りました。

ネックレスの糸をはずし、希釈した塩酸でゆっくりと珊瑚の表面をとかして艶を出していきます。(興味本位でやると珊瑚が溶けて凸凹になってしまったり、逆に珊瑚の艶が落ちて、真っ白になり、取り返しのつかないことになるのでやめましょう。)

こちらのネックレスはその後バフモーターにバフ粉を付け、磨き、仕上げました。

下の画像は艶の落ちた珊瑚のペンダントです。

img_2144

バチカンをはずし、珊瑚に軽くヤスリを充て小傷を取り、荒磨き用のバフでヤスリの傷を取り、更に仕上げ用バフで下のように艶が戻りました。(バフモーター使用)

img_2149

 

軽度の艶落ちであれば「ポリマール」という銀磨きクロスで艶が戻ります。(研磨剤の効果)

ブルー(ソフト)と黄色(ハード)がありますが、黄色の方が良いです。

IMG_2066

当店も扱ってますが、アマゾン等でも購入できます。

※ コーティングされた珊瑚に使用するとコーティングが取れてしまったり、マット(艶消し)仕上げの金属に使用すると艶が出てしまうので注意してください。 また、染珊瑚の色が落ちることもあります。

艶落ちがひどい場合、ポリマールだけでは艶は戻りませんので、磨き、艶出しご希望の方はご相談ください。(業者様、一般のお客様もOKです。) 

ネックレスと金具の付いてないルースの磨きのみお預かりします。金具の付いた商品は基本できません。(金具を外さないと作業できません。)又、拝見物などの原木の磨きは当社では出来ません。  

お預かりの流れは…

(さらに…)

2016年8月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : cathaycoral

世界最大級珊瑚

 

サイトリニューアルにあたり、世界最大級珊瑚のページはブログの記事として残す事にしました。

この桃色珊瑚は2006年11月29日、当時の「新日本海事」主催の原木入札会において弊社が¥60,100,000で落札しました。 
この珊瑚は沖縄県・宮古島沖の水深268メートルの海底から水中作業ロボットにより採取されたものです。 
縦135㎝、横200㎝、総重量66.8㎏で現在までの記録のある中では世界最大級です。

IMG_4063 coral002

当時、私の父である、現キャセイコーラルの会長が、「養老乃滝」創設者の故・木下藤吉郎氏より依頼を受け落札しました。 

入札直後の写真です。 沢山のテレビ局、新聞社が取材に来ました。

CA3YJEOH

落札した珊瑚は「SGC信州ゴールデンキャッスル」に納品させていただきました。

当時の新聞記事をご覧いただけます。

2006年11月30日 朝日新聞

 

2006年11月30日 読売新聞